この事例は、意匠審査基準における画像意匠・新規性・類否判断で用いられております。

画像の形態としては全く同じものという前提で、「電子メール送受信用画像」という画像意匠に対して、「電子 ...