「メタバース」については以前注目を浴びてましたよね。フェイスブック(Facebook)創業者のマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)が時価総額1兆ドルを超える同社の社名をメタ( ...

2024年3月28日に特許庁より「仮想空間において用いられる画像の意匠登録出願に関するガイドブック」が発表されました。

仮想空間の画像意匠については出願図面をどう表現したらよいか迷う ...

物品と一体の画像意匠の意匠権についての間接侵害規定の条文に問題があるようなので説明させていただきます。

 

令和元年の意匠法改正により、画像デザインについては、 ...

経済産業省が「ファッション未来研究会~ファッションローWG~」を立ち上げ、2022年11月~12月にワーキンググループを3回開催し、その成果として「ファッションローガイドブック2023 ~ファッ ...

第211回国会で成立しました「不正競争防止法等の一部を改正する法律」が、

6月14日に令和5年法律第51号として公布されました。

 

※情報ソース: ...

中国にて、グラフィカルユーザインタフェース(GUI)に係る意匠権(専利)の侵害事件があったので、以下、簡単に紹介します。

◆事件の概要:
意匠権者は、「グラフィカルユーザイン ...

米国意匠制度について簡単に説明するとともに、多意匠一出願制度は日本の関連意匠制度と大きく異なる上、権利解釈に影響する留意点があることから、以下に解説いたします。

1.制度概要

関連意匠制度を有効活用するための戦略を考えてみました。

以下、関連意匠制度の意義、趣旨、要件、効果について説明した後、その活用方法及び留意点について言及することにします。

「新しい意匠に係る意匠権の権利行使に関する検討課題」(大阪大学大学院法学研究科 准教授 青木 大也 著)という論文が発表されており、気になったので読んでみたところ、以下にピックアップしたポイント ...

令和元年意匠法改正が施行され、新しいタイプの意匠の登録例や関連意匠制度を有効活用した事例がいくつか登場し始めてますよね。

デザインを保護するための方策が増えたことは歓迎すべきことです ...