◆質問:「令和2年の意匠法改正で新たに保護対象となった意匠(物品に化体しない画像意匠、建築物や内装の意匠、これらを構成要素とする組物の意匠)がありますが、これらは各国へ優先権主張して意匠出願する ...

2020/08/12

部分意匠における破線の解釈については、プーリー事件とコンパクト事件を参考に考えるとよいと思います。コンパクト事件について実務的な視点で仮説を使って深堀りの説明をいたします。

【参考: ...

2020/03/23

Q:部分意匠の作図を検討しているのですが、実線部分を少なくすればそれだけ将来の権利活用で有利となるのですが、あまりにも実線部分を少なくしすぎてしまいますと実線で特定した形態に特徴がなくなってしま ...

2020/02/11

このホームページに掲載されている内容について質問がある方は、「お問い合わせ」をクリックしていただき、所定フォームにご記入ください。みなさまからのお問い合わせを運営一同お待ちしております。よろしく ...